億を取りもどせ!

月面に立ったのは、人間の「精神」なんだってなッ! 人間は、あの時、地球を越えて成長したんだッ! 価値のあるものは「精神の成長」なんだッ!

04月 « 2013年05月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 06月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-500万  か ら の ~

2013年 05月16日 19:02 (木)

今までで最大の前日比マイナスが100万ちょいだったんだけども、相場の煽りを思い切り受けて、今日一時500万くらい減ってた。

そんなこと引け30分くらい前にツイッターに書いてたら、まさにその直後に勝負銘柄がアホみたいに上がっていった。
途中で買い気配になり、最後の約定から3万くらい上でザラバ引けだったから、残高表示は最後に寄ったとこで記録されてるので評価では今日はマイナスに。
でも、明日はその気配値が基準値になるから実質プラス。 と捉えていいでしょw



そいつがS安に張り付いていたときはけっこう冷静で、とりあえず最悪なパターン想像して、「それでも金はまだ十分残るな」って考えた。
それだけのマイナスにも耐えれるようになったのも、やっぱり日々積み重ねてきたからなんだと思う。
先月なら-20万くらいでマウスなげつけたいくらいだったし。

続けることって大事だな。


そんな感じで気楽でいられた気がするが、引けたらやっぱひざからガクッときたw
自覚してないところでの精神ダメージってなにげに侮れない。


いちおうS安で2株だけ買った。あとからすれば絶好の買い増しポイントだったけど、そこまでは考えられなかった。
あの状況見て、攻め一本の考えは自分には湧いてこなかったなぁ。前述のとおり、悪い方から考えるクセがついてる。

で、ちょっと考えた。
この2つを合致させて考えてみたらどうなるか?


最悪の事態を考えて、そこから株を買う毎に最大でどれくらいのマイナスが生まれる可能性があるのか?
自分の許容できるマイナスを先に決め、そこに収まる範囲で限界まで買っていく、というやり方。

ああ、これがリスクを取るってことか、と変に自分で納得した。
これ覚えとこう。




他は、ロングポジほとんど投げ。
目的があったからなるべく粘ったんだけど、上がる展望があっても膨らんでいく含み損を眺めて何もしないトレードはやっぱり自分のものじゃないと思って損切りラッシュ。


そして後場の強烈リバのときに買い直しを実行した。
売った値段より高値で買い直した銘柄多数だったけど、これでいい。

今まで大ケガしてこなかったのはこういうとこにあると思うし、精神的負担も軽いし、昔から自分のトレードの軸になっている「流れに乗る」ということが正にこれ。


やり方が自分に合うかどうかというのは改めて大事なんだと気づかされた。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。