億を取りもどせ!

月面に立ったのは、人間の「精神」なんだってなッ! 人間は、あの時、地球を越えて成長したんだッ! 価値のあるものは「精神の成長」なんだッ!

05月 « 2013年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おわり

2013年 06月10日 14:07 (月)

2013年 岡三オンラインにて1154万円スタート

1月  +392万円
2月  +569万円
3月  +608万円
4月 +1787万円
5月 +3905万円
6月  -130万円(7日金曜日まで)




楽天証券口座 +40万くらい
先物     +15万


計 +7186万円

2月に420万円出金
4月に700万円入金
5月に300万円先物口座振替





lsk
先物
lss


岡三オンラインでの口座残高ピークは2013年5/30の87,107,667円。
今月7日時点でのドローダウンはそこから2%未満なので、引き際としては未練なし。


あれだけの上昇だったからひと相場終わるとき、最後にドカンくらうのは仕方ないのかなと思っていたから、逃げ切れたことに僕超満足です。

5月の下落の兆候察知と急落後の相場の危うさは、過去の経験からそれなりにはうまく対処できたと思う。




株やめる理由は、これからの個人的なものもあるけど、相場を見る限りここが引き際だと思ったから。
収支では億ったし、残高9ケタなんてどうでもよくなった。






ここから先は、5/23のしこりがあまりにも強烈で、月足大天井だし、チャートも汚いのばかりで手をつけづらい。
相場は一度崩れてしまうと、値が脆くなって投げるに投げれない場面が増えて、少しの逃げ遅れだけでほんと命取りになりかねない。



さらに来年からは証券税制の軽減税率が廃止され、20.315%になる。

これについては個人的には大震災以降ずっと賛成だったんだけど、年末に向けての市場の反応はどうか?
11月には、5月に大量発生した「値ごろ戦隊!損切レンジャー」たちの信用期日を迎えるし、異次元の昇竜拳で16000円超えていかない限り、今からの相場に魅力を感じない。




ファンダ相場が来ても、所詮自分にはチャートメインの浅知恵しかないから厳しい。ここ数ヶ月のぬるま湯に浸かりきって、これから学ぼうにもやる気が出てきません。

そこで先週はその真逆の仕手に注目したものの、8101クレオスの動きを見て懲りてやっぱやめたw





あと参考にさせてもらってた人たちが、次々とこの相場から身を引いていったこと。
面識の無い人の中では、特にbibiさんがやめてしまったのが残念。

トレードのスタイルを変える上で物凄く参考になったし、何より上を目指していこうとする活力があった。

最近では、寄り付きを跨いでの放送や、あの暴落当日の後場、市場が阿鼻叫喚に包まれるなかで「おすすめの車教えてください!」というシニカルな放送がクソ面白かったw
そんな放送も見れなくなってしまったのは本当に悔やまれる。


こういうの嫌がる人はいるだろうけど、勝ってる人がdisってることってほとんどが真実で構成されているので、マジでありがたい。

相場では、敗者に寄り添う共感者ほど恐ろしいものは無いと思う。







--------------------------------------------






昔から、「相場の流れに乗る、ついていく」というのがトレードに関して自分が一番大事にするところだった。

相場の変化を感じ取り、その時々の相場に合わせて動くというものなんだけども、今回物凄く大事だと思わされたことがある。それは





相場格言にある、「株を買うより時を買え」





この相場で学んだことは、
チャンス時にいかに集中して取りに行くかということ。

同じ手間をかけても、その効果は去年のそれとは全くの別物。




自分が力を入れ始めたのは1月の半ばごろからで、時期としては少し遅かったけども、それでも長い期間ボーナスタイムが続いてくれた。



兎にも角にもどんな理由であれ、注目されれば一気に買われるんだから、日足月足を全銘柄何度でも見ていいチャートを見つけ、業績他、何かのテーマに関わっていないか?同業種はどこか?等々調べておけば、ちょっとしたきっかけですぐに反応してくれる素晴らしい相場だった。



世間に煽られて株始めたばかりの人でも簡単に勝てる相場は、ちょっと調べるだけでもの凄く差が出るのだということも知った。
場が開いてないときに注いだ熱はしっかりと応えてくれるんだよね。
場中頑張るぞとルーチンに気合入れるのは、何もしないのと変わらない。





約半年もそれだけの期間、勝機を与え続けてくれた相場は本当にありがたいんだけども、何が悲しくて今更冷めた鉄叩いて行かなきゃならんのかwwwwww
リスク増してるだけの相場で小銭拾うトレードはもうやりたないんや!!



上手い人ならボラがあるだけでやっていけるんだろうけど、自分はもうそういう取引はうまくやれないと去年の相場から教わったし、暴落後の成績の振るわなさからも明らか。
なにかするにももうあてがないし、短期スイングするにしても、日毎での博打要素が強すぎる。

ここらへんは、バイオやガンホーにはほとんど手を出さなかったことで、感覚も狂わずにいられたかなと思う。




無理に続けていって傷口広げてしまったら、「資産ピーク○○円だからそこまでは戻したい」とか「今まではうまくやれてたんだから」とか、相場を無視して自分の都合でトレードしてしまいかねないしな。




精神的につらかったということは過去何度も書いてきたけど、終わってみればこんな楽なことなかった

2年前から書きたかったこと、今ようやく書けた!


あと、デイトレーダー、投資家ということに誇りもってる人もいると思います。
そう思えることは自分のためにもすごくいいことなんだけど、俺自身はどうしても自分が、馬鹿でマヌケで無責任な株ニートの投機野郎であるという思いから抜け出せない。
株やり続ける限り、ずーっとこの自虐的思考を抱え続けることになるなら、やっぱ身を引けるときに引いておくべきよね^v^






2006年収支 +124万
2007年収支 +1192万
2008年収支 +482万
2009年収支 +53万
2010年収支 +342万
2011年収支 +2041万
2012年収支 +154万
2013年収支 +7186万
--------------------
合計 1億1574万円

















相場に感謝!


























4月末、値上がり前についに念願のアイツ買えた。

続きを読む

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。